【営業】矢継ぎ早にひたすら話す営業マン…聞き手は苦痛でしかない

とある営業マンから話を聞いて感じたことを書きます。

結論から言うと苦痛の時間 (笑)

私もこれまで営業の仕事をたくさんしてきました。が、過去の自分と比べて、あちゃーっとなってしまいました。

私もこんなかんじの時期あったかも…と思いながら聞いていましたので。

まさに

人のふり見て我がふり直せですね。今後、営業する時は絶っっっっっっ対こんなふうにはしない!!!強く決意した日となりました。

私が営業マンに対して不快に感じたこと

AKARI
あくまで私個人の感覚ですのであしからず!

①矢継ぎ早に話す

一言でいうと【一方的】ですかね。

はい苦手です。まー次から次へとどんどん話してくる。そして話し速度が早い!早すぎる!どれくらいかというと、聞くこちらが息継ぎを忘れる程です(笑)

セミナーじゃないのですから。目の前に1人の人がいることを忘れないで欲しいものです。

②質問してくるわりに真剣に聞かない

これは完全に私が感じることですが…相手からの質問が義務に感じられました。

「あっ一方的に喋っちゃったから、そろそろ何か聞かなきゃな!」みたいな。(※実際はわかりませんよ?私が感じたことですから。)

質問してるそばから、もう次に何話そうか決めてるかんじです。

質問が義務化=興味がないことは相手に伝わる

んだなぁと学びました。

③否定が多い

否定が多すぎて、こちらはすっかりスネましたよ(笑)

初対面でハッキリとあれはダメです、これはダメです!って言いますか…?

驚き!

自分から「ここがダメだと思うんですけど…」と言ってきたならまだしも。それでも言い方には細心の注意を払いますよね。

正直1.5時間の中で何度もイラっとしました。

営業マン
厳しいこと言いますけど、あなたの為に言ってることなので!優しい人は、うわべだけの人ですよ。
あかりんご
この人何言ってるのかしら?(心の声)

ってことです。どんなに正論言おうとも不快にさせたらその言葉は入らない

心底そう思います。

信頼関係ある人・絶対的な結果を出している人・親・近しい人ならわかります。バッシバシにキツイこと言ってくれます。でも仮にも初対面…

ただの「失礼な人」というレッテルを貼られるだけです。少なくとも私はそう感じましたよ!

④人それぞれの価値観を決めつけないで

「◯◯しないと人生幸せになれない」など、あなたの主観ですか?

幸せの基準は人それぞれですので、そこは断定してはダメだと思います。お客様の話をよくよく聞いて、お客様自身が導き出した答えがそうならまだしも

営業マンが決めることではないと思いました。


以上のことを踏まえて見直してみると

相手の話を聞かないからこうなるんだ!

と改めて気付きましたね。聞き手に徹するべし…

【まとめ】営業力は傾聴力

傾聴力(けいちょうりょく)とは熱心に相手の話を聴くことです。注意深く相手の声を聴き共感するなど。

「聞く」は声や音をただ聞くだけ。聞こえると同じ感覚です。

きちんと傾聴することで

お客様の本心やニーズが聞き出せて、的確かつ役に立つ情報だけを伝えることができます。

逆にそこを聞かずして、ピンポイントに相手に合った話ができるとは思えません。エスパーじゃあるまいし…

ということを身を持って体験した出来事でした!営業スキルに大切なことは他にもあると思いますが、今回学んだ教訓を活かして私も日々人と接しようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください