【命に感謝】父が心不全…一命を取り止めた奇跡。

私の人生の転機となった出来事でもある、父の心不全について!

なによりも近しい人の死に怯える私にとって、これは凍りつくほどの恐怖体験でしたね…。

母からの戦慄の電話

あれは約8年前のことです。当時私は美容師でした!

たしか仕事の日だったかと…母からの連絡は戦慄そのものでした。

お父さんの心臓が自力で動かないらしい(泣)

私からすると【はっ!?!?】

何を言っているの!?!?!?

とりあえず私の頭によぎるのは死

パニックですよね。もう。

20歳〜21歳でおじいちゃん・おばあちゃん・愛犬・彼氏と立て続けに亡くなっていたので、すっかりそういう思考でした。

よくよく聞くと、心臓が半分?自力で動かなくなったから機械を入れないといけないとのこと。

とりあえず、緊急事態ということだけは認識。山梨に帰って即病院!お医者さんの話はあまり記憶にないですが…

機械とはペースメーカーのこと。ペースメーカーを入れると、今後脳の検査とかが出来なくなる…などのリスクの話をしていて

母が【え!どうしよう!?】と謎に躊躇していたので

何を躊躇してるの?心臓が動かなければ脳の検査もへったくれもないんだよ!

と怒鳴った?気がする。そんな記憶です。

とまあ、そんなわけで父は心臓にペースメーカーを埋め込んだわけです。

心不全奇跡の発見

父は元々、高血圧の薬など飲んでおり定期的に病院に通っていました。

その日もちょうど行きつけの病院に、いつもの薬をもらいに行ったそう。

父がなにげなく

先生、今日はいつもより脈が遅くて。息が苦しいんだけど。

と申告したそうです。

そこで先生はすぐ脈を計り…

即入院です!!!!!!!

え!?!?

あれよあれよというまに、そういう展開になったそうです。

それくらい緊急を要したってことです。

それくらい危険だったわけですね。

申告せず、そのまま家に帰ってたら朝冷たくなっていたと…

考えるだけでゾッとします。

奇跡以外のなにものでもありません。

ただただ命に感謝

父と私↓

本当によかったですよーーーーー!

その一言に尽きます。

もし、もしもよ!あんな突然お別れがきたら…悔やんでも悔やみきれない。

全てに意味がある。人の命のものさしが最初から決まってるとしたら、父はまだその時じゃなかった。

だけどピンチになった…きっとそこには私たち家族にとって、なにか意味があるなとすぐに考えました。

私自身の仕事について考えた

父は自営業。そのことも心配だったが、単純にもっと先の話…【私が仕送りできるくらいにならなければ!】と思いました。それと同時に仕事に対しての自由度。

その時は美容師で正社員。拘束時間が長い中、色々なことを一気に考えました。

そう…父の心不全は、もっと自由度をもった働き方…と考えるようになったキッカケの出来事だったのです。

そこから様々なキッカケと御縁が重なって、美容師を辞め新たな仕事にチャレンジすることにしたのです!

そこからはまー。まーた色々ありまして!

まさに人生山あり谷あり

結果的に逆に親に心配かける有様…

チャレンジ…うまくいかない…チャレンジ…失敗…

でも思い描く理想はぶらさず今日まで生きてきました。

えー………たくさん失敗したなー!と今改めて冷静に気付いたりしてます(笑)

おかげで身も心もタフになりましたよ!またこのへんの失敗談も語ります!

家族との時間を大切に

家族はもちろん。誰に対しても言えることですが、時間は限られています。特に親は、ふつうに行けば(順番的に)私らより先に天国へ行きますよね?一緒に過ごせる時間も限られています。

年に数回しか会えない…私にとってはそれじゃ足りない!だから自ら機会を作る。

どうしたいか

と、それに対しての行動を起こしているか

これだけですよね。何に対しても言えることだと思いますが。

そこを実行しなかったことにより後悔するのは、まっぴらごめんだ!

なので私は、これからも家族時間を出来るだけたくさん作り、伝えたい言葉は伝えていきます。

とにかく伝えたいことは

命は奇跡。命に感謝!

▼この記事をシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください