はじめましての方はこちらから

【命に感謝】父が心不全から一命を取り止めた奇跡。

どうも*あかりんご(@akari_presents)です!

今回は、私の人生の転機(仕事に対しての考え方が180度回転)となった出来事でもある、父の心不全について語ります。

なによりも近しい人の死に怯える私にとって、【父の心不全】は凍りつくほどの恐怖体験。

結果的に命は助かったので本当に感謝なのですが
人生、いつ何が起きるかわからない。そのことを強く体感する事件でした。

母からの戦慄の電話

あれは約8年前のことです。当時私は美容師でした。

たしか仕事の日だったかと…その日かかってきた母からの連絡は、戦慄そのものでした。

「お父さんの心臓が自力で動かないらしい(泣)」

私からするとはっ!?!?

何を言っているの!?!?!?

とりあえず私の頭によぎるのは

パニックですよね。もう。。。

私が20歳〜21歳の1年間の間で
おじいちゃん・おばあちゃん・愛犬・彼氏と立て続けに亡くなっていたので、
ついつい死にまつわる連想をしてしまったわけです。

ですが
よくよく話を聞くと、心臓が半分だけ自力で動かなくなったから、機械を入れないといけないとのこと。

とりあえず、緊急事態ということだけは認識。

そこからは山梨に帰って即病院へ!
(お医者さんの話はあまり記憶にないですが…)

機械(ペースメーカー)を入れます。とのこと。

ただし
「ペースメーカーを入れると、今後脳の検査とかが出来なくなる」というリスクがあるらしい。

そのリスクに対して母が【え!どうしよう!?】と謎に躊躇していたので

何を躊躇してるの?心臓が動かなければ脳の検査もへったくれもないんだよ!

と怒鳴った?気がする。そんな記憶があります。

だってそうでしょ?

死なない事。これが第一優先なんだから。

とまあ、そんなわけで父は心臓にペースメーカーを埋め込み、一命を取り留めました。

父の心不全それは奇跡の発見だった

父は元々、高血圧の薬など飲んでおり定期的に病院に通っていました。

その日もちょうど行きつけの病院に、いつもの薬をもらいに行ったそう。

その時に父がなにげなく

「先生、今日はいつもより脈が遅くて。なんだか息が苦しいんだけど。」

と申告したそうです。

そこで先生はすぐ脈を計り…

「即入院です!!!!!!!」

と言いました。

父は「え!?!?」と驚き・・・

あれよあれよというまに、緊急入院になったそうです。

それくらい危険だったわけですね。

申告せず、そのまま家に帰ってたら朝冷たくなっていたと…

考えるだけでゾッとします。

奇跡以外のなにものでもありません。

ただただ命があることに感謝

父と私↓

父が生きてて本当によかったですよーーーーー!(涙)

その一言に尽きます。

もし、もしもよ!?

あんな突然お別れ(死)がきたら…悔やんでも悔やみきれない。
恐ろしすぎて考えたくもないこと…。

でも、この経験も全てに意味がある。

人の命のものさしは最初から決まってるというけれど、父はまだその時じゃなかったんだ。

だけど一時は命が危険にさらされた…

これはきっと私たち家族にとって、なにか意味があるとすぐに考えました。

私自身の仕事について考え、仕事を見直した

父は自営業。

今回のように働けない状態になったら
収入源がなくなり、大変困るわけです。

そんな時に経済面でもサポートできるようになりたいなと。

そして同時に仕事に対しての自由度。

この2点について見直しました。

あかりんご
あかりんご
ちなみにその時私は美容師で正社員。

拘束時間が長く収入も低い仕事・・・。色々なことを一気に考えましたね。

そう…父の心不全は、もっと自由度がある働き方をしたい…と考えるようになったキッカケとなりました。

そこから様々なキッカケと御縁が重なって、美容師を辞め新たな仕事にチャレンジすることにしたのです!

視野が広がりました。

あかりんご
あかりんご
社会人になって美容師一筋。
その道の働き方しか知らなかった20代前半の私が
様々な情報を自主的に取りにいくようになったのです。

そこからは・・・

まさに人生山あり谷あり

といった具合にチャレンジ…うまくいかない…チャレンジ…失敗…を繰り返し

結果的に逆に親に心配かける有様…。
「本末転倒じゃん」と自分に対する嫌悪感が湧き出て湧き出て…
ここで人生の挫折・ハゲるほど悔しい想いをしました。

それでも【大切な人との時間をより多く取る為】
その理想をブラさず進んでいる毎日です。

どんなに失敗しても死より恐ろしいことは無いですからね。

生きてさえいてくれたら
これから親孝行することだってできる。

とにかく家族との時間を大切に。

家族はもちろん、誰に対しても言えることですが・・・時間は限られています

特に親は、(順番的に)私らより先に天国へ行きますよね?
一緒に過ごせる時間も限られています。

年に数回しか会えない…私にとってはそれじゃ足りない!

だから自ら機会を作る。

その為にどうするか?
どうすれば大切な人と過ごす時間を確保できるか?

これだけ考えてきました。

そこが一番大切です。

どんなにお金を稼いでも・有名になっても・成功しても
大切な人と過ごす時間を後回しにして後悔したら何の意味もない…。

そんな後悔まっぴらごめんだ!!!

だから私は今の働き方にしたし
家族や大切な人と過ごす時間を最優先にして生きています。

 

そのことに気付かせるキッカケをくれた父に感謝。

なにより父の命に感謝。

生きててくれてありがとう。

命に感謝!

皆さんも、後悔のない人生を生きる為に
後悔しない選択をしよう!

▼この記事をシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Welcome to ひとぷらす(人+)らいふらぼ

【ひとぷらす(人+)らいふらぼ】は
ハッピーに生きるための生き方研究所。

生き方・ライフハックを中心に
30代女性の毎日をカラフルに彩る情報をお届け。

楽しんでいってくださいねっ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

\\あなたの生き方が誰かの勇気になる//

十人十色の人生図鑑】 

人生インタビュー実施中★

インタビューさせて頂ける人はこちらをチェック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

運営者:あかりんご

あかりんご
あかりんご
どうも。
歩く太陽
あかりんごです。

30代。
もの書き/いいものプレゼンター
料理人の旦那と二人暮らし。
束縛を嫌う自由気ままな“ゆる新米妻”です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【Concept】

~Life is only once~
人生は一度きり。


好きな人・コト・モノに囲まれて
自分らしく楽しく生きよう!

 

SNSでもよろしくです*

YouTube【ひとぷらすチャンネル】

見た人に+を与える動画をお届け

Lifestyle*Vlog