映画【モアナと伝説の海】に学ぶ!心の叫びに耳を傾けて。自分に正直に生きる!

どうも*あかりんご(@akari_presents)です!

ようやく見ました!モアナと伝説の海

(ほんとにようやくだな…)

私の中で歌ばかりが先行し、すっかり見た気でいたが…いや!見てよかった!♡

モアナと伝説の海あらすじ

美しい南の楽園モトゥヌイ。
そこには昔からとある言い伝えがあり…

とにかく絶っっっっ対に珊瑚の向こう側には行っちゃダメ!!!

と言われ続け、村人たちはそれを守ってきました。

しかし村長の娘モアナ(主人公)は、
「広い海に飛び出して、何があるのか見てみたい」という気持ちを抑えられない…

父はそんな娘に「海は危険だ!お前の幸せはここにある」と言い聞かせていたが…

自分の気持ちに正直に生きる!

と大海原に旅立つモアナ!

結果その行動が村を救うことに…

と、かなり端折ったあらすじですが(^^;

例え人に抑えつけられたとしても、自分の本心を隠し続けて生きていくなんて、できない!

自分の心に正直に生きよう!

そんな映画でした!

disney公式サイト

あかりんご
それではこの映画の見どころポイントを…♪

映像が美しい!

なんと美しい海!自然!景色!

モデルはオセアニア諸島の海だそうで。透明感の高い海がさいっっっこうに美しい!

さすがディズニー様の最新技術…

見てて飽きない、心奪われる景色も魅力の映画です。

モアナの選択と責任感

モアナは父親によって
海に出たい!という願望・行動をずっと制限されて生きています。

制限する理由は【海は危険だから】

もちろん子を想う親の気持ちありきですよ。
そんな親心がわかるからこそ、モアナも言うことを聞いてきました。

そして自分に言い聞かせるのです。

私の居場所はここ。私の幸せはここにある。と。

モアナはただ感情を抑えているわけでは無く

自分は村長として村を守る立場にある。

そんな自分の置かれた立場を理解しての行動なのです。

自分1人の感情を取るか・みんなの為を想って行動するか…

モアナは後者を選んだわけです。

一見モアナの選択は正しいかのように思いますが、結果的にそうではなかったわけです。 間違ってたわけでもないですが

父の反対を押し切り

自分の心に正直に動いたら、結果みんなの為に繋がった

私たちも生きてく上で、このような選択はいくつもあるでしょう。

大切になことは

その感情に【何のため・誰のため】が
付いているかどうか?

だと思います。

そして、自分の選択に責任を持ち最後までやり遂げることだと。

自分の想いに人を巻き込む

このイカツイ男【マウイ】を巻き込んで、困難に立ち向かうモアナですが

その行動の始まりは

モアナの【村を救いたい!】一心から。

そんな想いはモアナだけが持っているもの。初めて会ったマウイには少しも響きません。

しかし困難に立ち向かうことになった原因は、マウイが作ったもの

ですがモアナはそんなマウイを責めるのではなく、自分の想いと信念を貫く姿を見せて

仲間にしていきます。

これもモアナの誰かの為にしている行動ありき…

【自分のため】だけの事に人を巻き込むのは難しいと思います。

誰かの為に!と信念を持って行動する姿は、人の心を掴み
時に巻き込むことすらできる!

最高にかっこいい女性だなと思いました!

絶対に諦めない!困難に立ち向かう強き心

モアナが海に飛び出す直前に亡くなった祖母。

モアナが一人で海に出てから、幽霊として現れました。そして姿形は変わろうと、いつでも側で見守っていてくれる。(号泣ポイント)

そんな祖母の存在と、祖母と交わした約束。そして島に残った大切な人たちの存在。

これらがモアナの心を強くしています。

一人じゃないって、こんなにも人を強くする。

理屈じゃない人のパワーを垣間見ました。

私も強くかっこいいモアナのような女性でありたい!

まとめ

・自分の心に正直に生きよう!

・誰かを幸せに元気にしたいなら、まずは自分を満たし、元気でいること。

・時には誰かのために立ち上がろう!

・交わした約束は人をこんなにも強くする。

・なにかを守りたければ諦めず折れず立ち向かう強さを持とう!

あかりんご
そんな学びがあった映画でした!

▼この記事をシェアする▼