【みんなの人生・生き方紹介】はこちらから

【ある日突然彼氏が事故で亡くなった】大好きな人との死別を乗り越えて生きる〜悲しみが感謝に変わり、心から笑えるようになるまで〜

Processed with MOLDIV

今回は私(筆者)のノンフィクションをお届けします!
彼氏・親友と身近な人との死別を体験し感じてきたことを、当時を振り返りながら書いてみようと思います*
12年前の彼氏との死別のことを。

彼氏とのあまりに突然すぎる別れ

2006年7月29日。大好きな彼氏がこの世を去りました。
本当に突然すぎるバイクの事故でした…。

付き合って2年目の記念日からわずか数日…
2人積み重ねてきた幸せな日々は、735日で幕を閉じたのです。


「まさか…!」
そんなの信じられないし、当然現実を受け入れられない。
死別を経験した人は必ずそうなるだろうと思います。

当たり前の事実こそ現実味がないのかもしれない!?

【人はいつか必ず死ぬ】という当たり前のこと。当たり前のことなのに、わかっているようで全然わかっていませんでした。
むしろ、そんなの夢物語かなにかのように錯覚しているようにすら感じます。

“いつか”を辞書で引くと
いつだとは決まらないが将来のある時と出ています。まさにその通り…!

決まっていないし誰にもわからないんです。いつかの後に“必ず”とあるにも関わらず、その日は永遠に来ないかのように安心しきってるように思います。

でもそれも当然のことかもしれません。なぜなら、わからないことを考え怯える暇もないくらい毎日はあっという間に過ぎ去るからです。

私も身近な人がこの世からいなくなる未来なんて、1mmも考えず今だけを生きていました。

死を受け入れられるまで

それは葛藤の連続でした。受け入れてしまったら…認めてしまったら…本当の死が確定してしまうような気がして、なかなか難しかったです。
ですがそんなことは長くは続かず…。

泣いて泣いて泣いて泣いて泣いて、その先がないくらい泣いても現実は変わりませんでした。

そこでようやく“諦め”のような感じで現実を受け入れました。

現実を受け入れると視点が変わる

受け入れる=向き合うということですので、そこから物事は変化していくと思います。
私の中で最初に起きた変化は【自分のことではなく相手に目を向ける】でした。

悲しい悲しいという感情で、自分のことだけしか見えていなくて…
目線が内へ内へと入ってしまっていましたが

もっと悲しいのは彼だろうし、私のこんな姿を見て彼がもっと悲しくなってしまう…!
そう気付きました。

現実は1つ。変えられない事実も1つ。じゃあ変えれることはなんだろう?と考えた時に、やはり自分が変わることという答えに辿り着いたんですよね。

立ち上がる為の一歩を踏み出す!

まずは勇気を出して事故現場に…!現場の目の前の動物病院に目撃情報を聞きに行きました。

事故を目撃した獣医さんは、私が彼の彼女と知ると泣きながら抱きしめてくれ

「彼はあなたに会える楽しみの中逝ってしまった。悲しいことだけど、もしかしたら彼の心は楽しみな気持ちを抱えたままかもしれない。
彼の為にあなたができることは、あなたが幸せでいることよ!」 

と言ってくれました。この言葉は私に立ち上がる力をくれました。

本当に感謝です。

その獣医さんはたくさんの命を救う反面、たくさんの死も見てきた…

命にはものさしがあって、長さは命によって違うけどものさしの分生き切った命は幸せだ。 

とも言っていました。
私の中の辞書に新たな考え方を加えてくださった、あの獣医さんのことは一生忘れません*

夢の中での会話

私の思考が変わってきてから、彼が夢に出てきました!

夢の中で彼は特攻隊に選ばれていました。止める私を制止し

「俺は行かなきゃいけないけど、悲しまないで?ずっとそばにいるから。」

そう言いました。

あまりにもリアルなその夢は、きっと彼からのメッセージだったんだと思います。

最後だとわかっていたなら

心に響いた有名な詩です*

あなたが眠りにつくのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように
祈っただろう

あなたがドアを出て行くのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは あなたを抱きしめて キスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて
抱きしめただろう

あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが
最後だとわかっていたら
わたしは その一部始終をビデオにとって
毎日繰り返し見ただろう

あなたは言わなくても
分かってくれていたかもしれないけれど
最後だとわかっていたら
一言だけでもいい・・・「あなたを愛してる」と
わたしは 伝えただろう

たしかにいつも明日はやってくる
でももしそれがわたしの勘違いで
今日で全てが終わるのだとしたら、
わたしは 今日
どんなにあなたを愛しているか 伝えたい

そして わたしたちは 忘れないようにしたい

若い人にも 年老いた人にも
明日は誰にも約束されていないのだということを
愛する人を抱きしめられるのは
今日が最後になるかもしれないことを

引用:サンクチュアリ出版

後悔のないように生きましょう!

ようやく言えた「さようなら」

その夢からほどなくして四十九日がやってきました。魂がこの世を去る日、ようやく心から「さようなら」を言うことができました*

安心して旅立てるようその日まで準備をしてきましたが、その中でたくさんたくさん周りの人に支えてもらいました!

1人だったらどうなってたことか…!周りの人に感謝です*

空に誓った生き方

これからもたくさん泣くけど、その分笑うし2倍人生楽しむよ!

と誓ったあの日から、その通りに生きてます*

心から笑えています!

それに彼は生前の姿のまま私の心の中にいるので、どんな時でも強く生きていけてると思います*

ありがとう!

身近な人の死から学んだこと

  • 人生には【どうにもできないこと】も時にあるということ。
  • 起こる出来事は1つ。しかし見る角度を変えれば、捉え方すら変わるということ。
  • 人は一人では生きていけない。支え合って生きているということ。
  • 生きている私たちは、その気になればなんだって出来るということ。
  • 感情がついてこなくても、先に笑顔を作ることで感情が付いてくること。
  • 受け入れることが出来たら、次のステップに進めること。
  • 誰しも【明日がある】保証なんてどこにもないということ。
  • 生きていることは当たり前ではなく、奇跡の連続。感謝の連続だということ。

 

 

そして試練は乗り越えられる人のところにのみやってくるということ。

他にもたくさん感じたことはありますが、全てまるっとひっくるめてにしています!

経験と使命

最初はこの経験を恨みました。できることならこんな悲しい出来事は避けて通りたかったです。

それでも私達にその経験をさせたのだから、意味があるんだと考えました。
1つの命と引き換えの学び…これは体験した人にしか出来ないことだと。

それを生き方で示し、伝えていくこと。

そして私の名前の由来でもある【自分も明るく輝き、周りをも明るく照らす】ことが出来る人でいることを志命とし

これからも生きていきます!

天国の最愛の彼へ。心からのありがとうを贈ります。

▼この記事をシェアする▼

15 件のコメント

  • 数日前に愛してやまない恋人が亡くなったと確信しました。
    “何があっても貴女と離れないって決めた”と熱烈に口説かれて、当時、体を壊した程の失意から、私を救ってくれた人です。
    彼も、私と出逢って救われた…と言っていました。
    そして、どうにもならない気持ちの中で仕事して、たまらずにネット検索したら、このHPを見つけました。
    サンクチュアリの有名な詩には、不覚にも声が出て、トイレで号泣しました。
    今も涙が止まりません。
    彼とは二年の付き合いでした。
    6月の私の誕生日の約束も、その先の約束もしていました。
    彼は病気を抱えていましたが、私と出逢って生きる力が湧いたそうです。
    様々なことがある中でも、頑張っていました。
    できるだけ一緒にいてくれる人でした。
    最後に逢ったのが、二週間前…
    私も中年で彼は一回りも年上でしたし、病気もあり、長生きできないことは誘っていましたが、あれが最後だと知っていたら…
    あの詩と重なりました。

  • 美香さん。コメントありがとうございます。
    最愛の彼のご冥福をお祈りいたします…

    2年の付き合い・重ねた未来の約束・最愛の人…
    状況が被り、私も当時のことを思い出しました。
    今はまだしばらく、涙枯れぬ日々を過ごすことと思います。
    美香さんと彼が交わした約束も、彼にとって「美香さんの存在が生きる力であった」ことも
    紛れもない真実です。

    そんな希望を胸に最期まで生きた彼は、幸せだったと思います。
    これからも彼の希望を絶やさないためにも、いつの日か立ち上がった美香さんが、
    ずっとずっと笑って楽しく人生歩めるよう

    祈っています。

    最期だとわかっていて行動していたとしても、最愛の人の死には
    深い悲しみと、後悔がついてくると思いますが
    この想いを教訓に、今いる周りの大切な人たちに接していきたいですよね*

  • Akariさま

    お優しいお言葉に感謝します。
    ただ私の中での確信のみで、実は彼の状態がわからず、確認できないのです。
    それでも私なりに彼の性格や気質をわかっていますので、その上で拭えない確信に至っています。

    情けないながら、占いで視てもらったりもしました。
    3件中2件が私の確信の通り、1件は体が思い通りにならずもう逢えないと彼が観念しながらも、私との想いを胸にまだ存命している…と。逢いたい気持ちはあっても、道ならぬ関係で動けない以上、身を引いた…と。

    Akariさまに人の生死がわかるのなら、視ていただきたい程、気が気ではありません。
    生きているって鑑定結果に希望を持ちたいのですが、携帯解約で彼の仕事先も心配している状況を加味すると、やはり確信を拭えないのです。

    ダラダラと申し訳ありません。

  • そうだったのですね…

    【人の死】というのは、予想や言い当てるものではなく
    1つの現実だと思うので

    何かしらの方法を使って、事実を確かめることができたらいいですね…

  • Akariさま

    二人で行ってた店のマスターも心配してくださり、その方の厚意で、確認してくださいました。
    やはり亡くなっていました。
    入院して3日目だったそうです。
    あくまで、お世話になったからの知人のふりで自宅にお焼香に伺って、納骨される場所を教えていただこうか…
    迷っています。

  • そうでしたか…残念なことですが、事実がわかったことは
    良かったと思います。
    あとは美香さんなりに前に進めれば…

  • Akariさま

    こちらのHPにお邪魔して記事を読んで、まだ数日だったんですね。
    お優しい返信をくださり、本当に本当にありがとうございました。

  • 初めまして。
    泣きながら記事を読ませていただきました。
    10年前にバイク事故で彼を亡くしました。
    お互いに初めての恋人で、初めての人と結婚したいと思っていて、大好き過ぎておかしくなるくらい依存していて、何歳で結婚して、子どもとはこんなことをして、なんて将来の話もたくさんしていました。ぶつかることもあるけれど、この人とは絶対に結婚するんだ、運命の相手なんだって信じていました。

    事故から2ヶ月後、事故現場に行き、手を合わせました。偶然、近所の方にお会いし、血がここまで大量に流れたとか、当時の話を聞きました。

    彼の家族とは付き合っている頃から仲良しで、本当の娘のように大事にしてくれるし、あったかくて、この家族と家族になりたいって心から思えるほど思い切り幸せを感じていました。
    彼が亡くなった後も彼の両親と3人で出かけて泣きながらバイキングを食べる、おばあちゃんとお母さんと3人で女子会をする、なんてこともありました。

    時間が経つと悲しみも和らぐってウソだと思います。時間は解決してくれません。いまだに泣きます。一度いろいろ考えたら、現実に戻れないくらい、落ち込みます。生きていても、ただここに存在しているだけで、何もかも無味乾燥に思えることもしばしばあります。死にたいわけじゃないけれど、生きたいわけでもないような感じにすらなります。自殺ほう助があれば、別に利用してもいいかな、というくらい死に抵抗感がなくなってしまった気がします。死のうとはしていないけれど、このまま生きていてどうするんだろう、って。

    こういう気持ちってどうすればいいのか分かりません。あかりさんもそんな気持ちになることがありますか?似たような境遇の人ってなかなかいないから、いろいろお聞きして、これからの人生の参考にさせていただきたいです。

  • ちあきさん
    コメントありがとうございます。
    ちあきさんも同じ経験をしたのですね…

    誰も想像できないであろう、悲しみ…痛いほどよくわかります。
    私は今では後ろ向きになることなく、今を楽しく生きれていますが

    そのように生きれているのも、やはり【生きたかったであろう彼の分まで!】という想いがあるからです。
    身を切られる程の悲しみを味わった私たちは(私たちだからこそ)
    悲しみを糧にして前を向いて進む。それが一番の供養になると信じています。

    気持ちに無理に蓋をする必要はないと思いますよ。泣くときは大声で泣いたらいいと思います!これからもずっと。
    この事実は消せないので、この経験と共に生きていく。
    と、私は思います!

  • あかりさん、温かくて、力強い励ましのメッセージをありがとうございます。
    とても心に響きます。
    頑張って、乗り越えて、ここまできたあかりさんのこと、すごいなあと思います。
    私もあかりさんみたいに、気持ち、強くなりたいです。

  • 私も周りの人や、いろんな人の言葉のおかげですよ!!!
    ちあきさんも
    ちあきさんらしく、進めますように…*

  • 初めまして。
    記事を読ませて頂きました……。
    私は遠距離で付き合っている彼がいます。ネットで知り合い、まだ会えずにいるのですが付き合って1年経ちました。つい先日のことです、突然離れたいと連絡が来ました。一緒に居れないごめん。と言われたのでなぜか問いただしても答えてくれません。言いたくない。の一点張りです。けれど、1人で死ぬのは怖いや、来世でまた会えるかな……と伝えてきました。私の予想でしかありませんが、とても重い病気になってしまったのか、治らないと決めつけて絶望している様子です。
    会いに行きたいと伝えたのですが今の姿を見られたくない、会ったら生きたいと思ってしまう。と、教えてくれません。
    彼はまだ生きているのに会いに行けません……。
    会いに行くよと何度言っても絶対に教えてくれません。
    どうしたら良いのでしょうか……。
    このまま会わなければ私は一生後悔すると思います。
    どうかお知恵をお借りしたいです……。

  • コメントありがとうございます。
    彼がいる場所はわかっているのでしょうか?
    遠いのでしょうか?
    「一生後悔する」と今思っているなら、行動した方がいいと思います。

    「言いたくない」と完全に突き放すのではなく、心配かけるような言葉をあえて言ってるので
    本当は聞いてほしいのかもしれませんね。
    まずは
    電話で会話をしてみてはどうでしょう?

  • はじめまして、
    6年付き合った彼氏が、今朝なくなりました。言葉わるいですが不倫と言われる関係、お互い中年ですが、仕事のアドバイスやら、出張に合わせて旅行したり、来世は絶対に結婚しようね、と誓った仲でした。もちろんお互い家族関係には全く気付かれず、細心の注意でした。
    半年前に癌とわかり、出来る限り、会いにいき、最後となるであろう入院中にも
    内緒で行き、形見と時計も頂きました。家族に看取られ静かに亡くなったと、友人に頼んでおいたので連絡を今朝貰えました。渡る、仕事中だったので、今やっと心の整理つけようと、この記事を見つけたので、支えにしたいとおもいます。
    もちろんお通夜葬儀も出れませんので、会社名でお供えのお花だけ送りました。本当に今まで、出会えてありがとうの気持ちで一杯です。
    身勝手な思いでごめんなさいですが、この記事、詩、に会えて感謝です。
    ありがとう。

  • momoさん
    はじめまして。コメントありがとうございます。
    今朝…
    お辛いですよね。私の経験と記事が、ほんの少しでも心の支えになったのなら
    良かったです。
    明るみには出せなかったとしても、彼の人生において
    【大切な人】の存在は、とても大きかったと思います。
    最期に浮かぶ思い出の中に、あなたとの楽しい思い出もたくさん詰まっているのだとしたら
    幸せな人生でしたよね。

    すぐには難しくても、感謝の気持ちと共にお別れをし、momoさんのこれからの人生を楽しく歩めますように…*

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ひとぷらす(人+)らいふらぼ

    人生・生き方インタビュアーあかりんごが運営する【生き方研究所】

    】を軸とし、人生という幅広いテーマで繰り広げる雑記ブログです!

     

    ひとぷらす(人+)は

    【何においてもまずは人が重要であり、人ありき】
    という私の信念。

    そして、このブログで得られる情報が誰かのになって欲しい…そんな願いが込められているのです。

     

    自分の中の輝きを見つけて
    一度きりの人生自分らしく楽しもう*

     

     

     

    このブログの全カテゴリーはこちら♪

    画像をクリック★

    YouTube【ひとぷらすチャンネル】

    treasure Vlog*

    運営者:あかりんご

     

    【Name】あかりんご

    ◆人生・生き方インタビュアー
    ◆世遊び人

    【Job】
    ◆ひとぷらす(人+)らいふらぼ運営
    ◆ライター
    ◆時々エスティシャン

    【My concept】
    ~Life is only once~
    人生は一度きり
    だから自分らしく。楽しく生き切る!