はじめましての方はこちらから

一度きりの人生…自分だけの花を咲かせることが出来たらとても幸せ。

どうも*あかりんご(@akari_presents)です。

突然ですが、私はしょっちゅう
人生について考えを巡らせています。

そんな思考の始まりは、彼氏との死別体験

18歳で亡くなった彼は

◆ただただ早すぎた死
◆かわいそう
◆まだまだこれからだろうに

そんな哀れみの声をたくさん受けた。
(その様子を天国から見てると思う)

私はそれが嫌だったし、悔しかった。

彼が亡くなって悲しい・かわいそう…
たしかにそれは紛れもない事実。

でも、それだけじゃないってこと。

もちろん亡くなってすぐの頃は私も余裕がなく、ひたすら悲しみ続けた。

けれど途中から
彼の18年間という人生に注目するようになったんですね。


18年間という短さで人生が終わったから「かわいそう」なのかもしれないけれど

「亡くなって悲しい」という想いは、その人が何歳で亡くなっても拭きれない感情。

その人が生きた期間分、思い出も増えていくし
周りの人は悲しいにきまってますよ…。

人の死って、そういう負の感情(いっけんマイナスに見える)に覆われて色んなものが見えなくなってしまうんです。

そんな中、私が【彼の人生】に注目したのは

いつまでも悲しんでいたら彼が悲しむと思ったからなんです。

なので、彼の気持ちを考えてみたんですよね…

(以下、私が彼の気持ちに立って想像した結果出てきた言葉たちです)

◆悲しいけど楽しかったよ
◆大好きな人たちを悲しませてる自分に苛立つ
◆やり残したこともあるけどやり切ったよ
◆楽しかった思い出を忘れないで欲しい
◆ありがとう




(18歳で死んじゃったのは)悲しいけど
(生きてきた18年間は)楽しかったよ

きっとそう思ってるんだろう…と思うように。

そしたら、とてもじゃないけどやり切れない気持ちになってしまって…!

そこから私自身、この出来事に対して
見る角度が変わりました。

彼の死を嘆き悲しむのではなく、彼の生をめいっぱい讃えたい

そう思ったんですよね。

そこから、彼のことを知る仲間たちと共に
生前の彼の話を積極的にするようになり

彼のことを知らない人にも、彼の生前の思い出を話していくようになりました。


そして辿り着いた答えは…

一度きりの人生自分だけの花を咲かせることが出来たらとても幸せだよな。

ということ。

お花はもちろん一人一人違います。
色も形も咲く時期も咲く期間も。

これは私の妄想です
生まれる時に、一人一人お花のつぼみを渡されるんです。

「このつぼみをどうするかは、あなたに任せます。」と。
咲かせるも咲かせないも個人の自由。

なんなら、どんな花が咲くかもわからず、いつ頃咲くかも検討つきません。

しかし花を咲かせるコツはあって。

それは楽しむこと。
よく「人生、一花咲かせてやる」という言葉がありますが、私が考える【人生の花】は楽しむことで咲きます。

大それた夢や立派な功績などなくても、その人が楽しんで生きていれば、その人の花は咲くのです。

完全に私の都合の良い解釈でしたとさ♪
(でもこれ大切!)

でね、彼の人生を振り返って見てみた時に

一緒に過ごした期間は2年間だったけど、とっても楽しかった。幸せだった。

そして、彼の家族や友人に聞いた彼のこれまでの人生は

お花咲きまくり!

少しヤンチャな彼は、私から見ても「青春してんな〜」と感じるほど。

たっくさんのお花を咲かせた彼の人生は、けして「かわいそうじゃない」

不幸なわけはなくて……むしろ幸せだった。

そう心の底から思えたんですよね。


もし、あらかじめ【人生80年】と設定してあるのだとしたら

18歳で命が終わることは、実に短く感じるだろう。

けれど、人生の長さに決まりなどなかったら?もしくは、人それぞれ設定があるとしたら?

たとえば
彼の場合は【人生18年】という設定で生まれてきたのだとしたら

その18年間楽しんだのなら
悔いもない幸せな人生だったんだよ!
といえる。

それでいいんじゃないかな。

本人は納得してないかもしれないけれど、それはもう私たちにはわからない。

だったら、生きてる私たちの解釈は自由でいいんじゃないかな。

亡くなった人も、自分たちも笑顔でいられるような解釈をすること。

とっても大切です。


最後に…

つぼみとお花▼

並んでいると、どちらも良さがあると思いませんか?

◆つぼみ→「これからどんな花が咲くんだろう?」という期待感

◆お花→「綺麗なお花が咲いた」という感動

私たちは、このどちらも持ち合わせているんです。

持ってるつぼみが「全て咲くこと」だけが幸せの証ではありません。

咲く花もあれば、つぼみのままのもある。
それでいい。

ただ
自分だけの花を咲かせることが出来たら

それはとても幸せなことですよね。

つぼみ=命

これから、自分だけのお花を咲かせられる可能性を持っていること(生きていること)に感謝して

花を咲かせる為に、楽しく生きていきましょうね*

▼この記事をシェアする▼

ひとぷらす(人+)らいふらぼ

【ひとぷらす】は
自分らしく自由な生き方を追求するブロガー
あかりんごが運営する生き方研究所。

 

“経験は宝” 人生まるっとネタ。

 

ひとぷらす(人+)…

◆読んでくれた人にプラスを
◆人+人=∞

 

楽しんでいってくださいねっ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~あなたの生き方が誰かの勇気になる~
人生インタビュー実施中★

十人十色の人生図鑑

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

このブログの全カテゴリーはこちら♪

画像をクリック★

運営者:あかりんご

あかりんご
あかりんご
どうも。
あかりんごです。

30代。
料理人の旦那と二人暮らし。
束縛を嫌う自由気ままな“ゆる新米妻”です。

 

ブロガー×ライター
好きな仕事の複業スタイルで
自分らしく働いています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【My concept】

~Life is only once~
人生は一度きり。
自分らしく楽しく生き切ろう。

 

人生×発信を通して誰かの+になる
人生ナビゲーターになりたい。

 

YouTube【ひとぷらすチャンネル】

見た人に+を与える動画をお届け

Lifestyle*Vlog